信用保証について

  1. トップページ
  2. 信用保証について
  3. ご利用の条件

ご利用の条件

所在地

次の(1)または(2)に該当する中小企業の方を対象としています。

  1. (1)個人の場合:住居、事業所または営業所のいずれかを兵庫県内に有している方。
  2. (2)法人の場合:事業実態のある本店または事業所を兵庫県内に有している先。

※上記(1)の住居とは住民登録上の住所というだけではなく、原則として現に居住していることが必要です。

ただし、制度融資の場合は、それぞれの制度の定めるところによります。

業歴

客観的に事業を行っていることが明らかな方を対象としています。

ただし、制度融資の場合は、それぞれの制度の定めるところによります。

なお、創業関連保証と創業等関連保証については、創業前から対象となる場合があります。

企業規模

法人は、資本金または常時使用する従業員数のどちらか一方(特定非営利活動法人(NPO法人)は常時使用する従業員数)が下表に該当すればご利用いただけます。

個人事業者は常時使用する従業員数が下表に該当すればご利用いただけます。

業種資本金常時使用する従業員数
製造業、運送・倉庫業、建設業等 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
小売業、飲食業 5,000万円以下 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
政令特例業種については下表のとおりです(特定非営利活動法人(NPO法人)には適用されません)。
政令特例業種資本金常時使用する従業員数
ゴム製品製造業(自動車又は航空機用タイヤ、及びチューブ製造業並びに工業用ベルト製造業を除く) 3億円以下 900人以下
ソフトウェア業 3億円以下 300人以下
情報処理サービス業 3億円以下 300人以下
旅館業 5,000万円以下 200人以下
  1. ※1 生計を一つにしている家族従業員、会社の役員、全くの臨時的な従業員は、従業員数に含まれません。
  2. ※2 組合は、当該組合が保証対象業種を営むもの、またはその構成員の3分の2以上が保証対象業種を営んでいれば対象となります。
  3. ※3 医療法人、医業を主たる事業とする社会福祉法人は、常時使用する従業員数が300人以下の場合は対象となります。

対象業種

中小企業信用保険法施行令で定める業種となっており、商工業のほとんどの業種でご利用いただけます。

許認可や届出を必要とする事業を営んでいる場合は、当該事業に係る許認可等を受けていることが必要となります。

ただし、農業・林業・漁業、金融・保険業、風俗関連営業等、宗教・政治・経済・文化団体、その他保証対象として支援するのは難しいと判断した業種・業態についてはご利用いただくことができません。

保証申込添付書類一覧のダウンロードはこちら

次のページへ