保証協会について

  1. トップページ
  2. 保証協会について
  3. 協会のプロフィール

協会のプロフィール

概要

本所(神戸市)
本所(神戸市)

設立
1948年10月23日
根拠法律
信用保証協会法(1953年8月10日制定)
関係法律
中小企業信用保険法(1950年12月14日制定)
事務所
本所(神戸事務所)、阪神事務所、姫路事務所、但馬支所、淡路支所、西脇支所、加古川支所
常勤役職員
239名【常勤役員6名含む】(平成27年度末)
基本財産
697億円(平成27年度末)
保証承諾額
3,973億円(平成27年度)
保証債務残高
1兆758億円(平成27年度末)
代位弁済額
182億円(平成27年度)

基本理念・基本方針

私たちは事業の維持・創造・発展に努力する中小企業の良きパートナーとして信頼される保証協会をめざし、地域経済・社会の発展に貢献します。

当協会は、上記の「基本理念」を定め、今日の厳しい経済状況と金融環境の中で、その社会的責任を十二分に認識し、中小企業の良きパートナーとして信頼される保証協会をめざしています。

私たちは『基本理念』の実現に向けて、『基本方針』を定めています。

  1. 1.公正・的確・迅速な「信用保証」を提供する
    適正かつ健全な経営努力を続ける中小企業等の経営基盤の安定・強化に寄与するため、新たな信用創造に努め、適宜・適切な保証を提供する。
    自主・中立の公的機関として、第三者の介在・介入を排除し、適正保証の推進に努める。
  2. 2.信頼される保証業務を推進する
    中小企業の良きパートナーとして地域経済・社会の発展に貢献するため、人材の育成に努め、資質の向上を図る。
    広く信頼される保証協会をめざし、多様化する中小企業のニーズに的確に応えるため、情報の提供、関係機関との連携強化に努め、より質の高い保証業務を推進する。
  3. 3.揺るぎない経営基盤を確立する
    激変する金融環境の中にあって、信用補完制度の健全な運営と発展を図るため、将来に亘って揺るぎのない経営基盤を確立する。
    情報システムを有効に活用するなど、創意と工夫に努め、経営の合理化・効率化を図る。